看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト
看護教員の方はこちら
看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト

聴覚障害のある患者とのコミュニケーションで正しいのはどれ?

HOME
>
記事一覧
>
聴覚障害のある患者とのコミュニケーションで正しいのはどれ?
2018.12.09
  • 1.補聴器の使用中は低音で話す.
  • 2.手話のときは口元を動かさない.
  • 3.音の反響が強い場所を選択する.
  • 4.感音性難聴の場合は大きな声で話す.
SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

聴覚障害のある患者とのコミュニケーションで正しいのはどれ?

2018.12.09
  • 1.補聴器の使用中は低音で話す.
  • 2.手話のときは口元を動かさない.
  • 3.音の反響が強い場所を選択する.
  • 4.感音性難聴の場合は大きな声で話す.
SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

  • 113_kokushitaisaku_matome
  • goukakuyoho
  • hokenshi_Footer
  • banner_kanmie3_furoku
  • kangokatei_footer
  • banner-moshi107-small2