看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト
看護教員の方はこちら
看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト

Q.ゴードンの11の機能的健康パターン以外のアセスメントの枠組みを使用しても、思考のプロセスは同じでしょうか?

HOME
>
記事一覧
>
Q.ゴードンの11の機能的健康パターン以外のアセスメントの枠組みを使用しても、思考のプロセスは同じでしょうか?
『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』Q&A
2020.06.29

A.看護過程の展開の流れは同じですが、「人間の反応」をどのような視点でとらえるのかが異なります。

『看護がみえるvol.4 看護過程の展開(以下、看みえ④)』では、ゴードンの11の機能的健康パターンを用いて看護過程を展開していますが、他のアセスメントの枠組みを用いた場合でも6ステップの流れは同じです。どの枠組みを使っても、患者さんの健康上の問題や、必要な看護介入が大きく変わることはありません。

しかし、アセスメントの枠組みによって、「人間の反応」をどのような視点でとらえるのかが異なります。

各アセスメントの枠組みの視点

ゴードンの場合、11のパターンが機能しているかという視点で「人間の反応」をとらえますが、ヘンダーソンの場合は基本的欲求が充足しているかという視点になります。オレムの場合はセルフケアに、ロイの場合は適応に着目して「人間の反応」をとらえるというように、違いが出てきます。看みえ④では、代表的なアセスメントの枠組みを紹介し、ゴードンの視点〔看みえ④p.54〕とヘンダーソンの視点〔看みえ④p.50〕について解説しています。

それぞれの枠組みの特性を知って活用しよう

コラム「アセスメントの枠組みには何を使ったらいいのか?」で解説しているように、それぞれの枠組みの特性を知り、目的をもって活用することが重要です。また、枠組みと理論を併用することも視野に入れましょう。例えば、ゴードンの11の機能的健康パターンを用いて問題を明らかにした後、ヘンダーソンの看護論を用いて目標・成果・成果指標を設定するなど、様々な活用方法があります。

関連するQ&A

ゴードン以外のアセスメントの枠組みでは、リスク型を示す判断ができないのですか?

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●アセスメントの枠組みとは何か?→p.44
●代表的なアセスメントの枠組みの一覧表→p.45
●コラム「アセスメントの枠組みには何を使ったらいいのか?」→p.46
●ヘンダーソンの14の基本的欲求をもとにしたアセスメントの視点→p.50
●ゴードンの11の機能的健康パターン→p.54
●11の機能的健康パターンと看護理論の併用について→p.56

「Q&A一覧」へ戻る

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30

 

SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。
  • メディックメディア看護
    看護がみえる編集部

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

その他の書籍

OTHER BOOKS

  • 看護師向け書籍

    イメカラシリーズ

  • 看護師向け書籍

    病気がみえるシリーズ

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    レビューブック保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンクSelect必修2025

  • レビューブック表紙
    国試対策書籍

    レビューブック2025

  • 低学年向け書籍

    看護がみえるvol.5 対象の理解Ⅰ

  • 国試対策書籍

    看護師・看護学生のための講義動画

  • 国試対策書籍

    【無料】看護教員版INFORMA 2023

  • 低学年向け書籍

    なぜ?どうして?zero2023

  • 低学年向け書籍

    【WEB公開】INFORMA for Nurse 2022春夏号

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.4 看護過程の展開

  • 低学年向け書籍

    看護初年度コレダケ -生物,数学,物理,化学,ことば-

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.3 フィジカルアセスメント

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.2 臨床看護技術

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.1 基礎看護技術

  • 国試対策書籍

    看護師国家試験のためのゴロあわせ集 かんごろ

  • 看護師向け書籍

    ビジュアルノート

Q.ゴードンの11の機能的健康パターン以外のアセスメントの枠組みを使用しても、思考のプロセスは同じでしょうか?

『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』Q&A
2020.06.29

A.看護過程の展開の流れは同じですが、「人間の反応」をどのような視点でとらえるのかが異なります。

『看護がみえるvol.4 看護過程の展開(以下、看みえ④)』では、ゴードンの11の機能的健康パターンを用いて看護過程を展開していますが、他のアセスメントの枠組みを用いた場合でも6ステップの流れは同じです。どの枠組みを使っても、患者さんの健康上の問題や、必要な看護介入が大きく変わることはありません。

しかし、アセスメントの枠組みによって、「人間の反応」をどのような視点でとらえるのかが異なります。

各アセスメントの枠組みの視点

ゴードンの場合、11のパターンが機能しているかという視点で「人間の反応」をとらえますが、ヘンダーソンの場合は基本的欲求が充足しているかという視点になります。オレムの場合はセルフケアに、ロイの場合は適応に着目して「人間の反応」をとらえるというように、違いが出てきます。看みえ④では、代表的なアセスメントの枠組みを紹介し、ゴードンの視点〔看みえ④p.54〕とヘンダーソンの視点〔看みえ④p.50〕について解説しています。

それぞれの枠組みの特性を知って活用しよう

コラム「アセスメントの枠組みには何を使ったらいいのか?」で解説しているように、それぞれの枠組みの特性を知り、目的をもって活用することが重要です。また、枠組みと理論を併用することも視野に入れましょう。例えば、ゴードンの11の機能的健康パターンを用いて問題を明らかにした後、ヘンダーソンの看護論を用いて目標・成果・成果指標を設定するなど、様々な活用方法があります。

関連するQ&A

ゴードン以外のアセスメントの枠組みでは、リスク型を示す判断ができないのですか?

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●アセスメントの枠組みとは何か?→p.44
●代表的なアセスメントの枠組みの一覧表→p.45
●コラム「アセスメントの枠組みには何を使ったらいいのか?」→p.46
●ヘンダーソンの14の基本的欲求をもとにしたアセスメントの視点→p.50
●ゴードンの11の機能的健康パターン→p.54
●11の機能的健康パターンと看護理論の併用について→p.56

「Q&A一覧」へ戻る

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30

 

SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。
  • メディックメディア看護
    看護がみえる編集部

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

その他の書籍

OTHER BOOKS

  • 看護師向け書籍

    イメカラシリーズ

  • 看護師向け書籍

    病気がみえるシリーズ

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    レビューブック保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンクSelect必修2025

  • レビューブック表紙
    国試対策書籍

    レビューブック2025

  • 低学年向け書籍

    看護がみえるvol.5 対象の理解Ⅰ

  • 国試対策書籍

    看護師・看護学生のための講義動画

  • 国試対策書籍

    【無料】看護教員版INFORMA 2023

  • 113_kokushitaisaku_matome
  • goukakuyoho
  • hokenshi_Footer
  • banner_kanmie3_furoku
  • kangokatei_footer
  • banner-moshi107-small2