看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト
看護教員の方はこちら
看護学生の実習・国試対策を応援するWebサイト

Q.不適切な「人間の反応」の原因・誘因として、疾患を挙げてもいいのですか?

HOME
>
記事一覧
>
Q.不適切な「人間の反応」の原因・誘因として、疾患を挙げてもいいのですか?
『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』Q&A
2020.06.29

A.はい。疾患や治療、発達段階なども「人間の反応」の原因・誘因になります。

不適切な「人間の反応」の原因・誘因は、アセスメントの視点に含まれる情報だけでなく、基礎情報に存在することもよくあります。例えば「運動量が不足している」という「人間の反応」の原因は、本人の意思で変えられる生活習慣とは限りません。「心機能が低下していてあまり運動できない」「下肢に麻痺があるため運動しにくい」「精神疾患の影響で運動をする気力がない」など、様々な疾患が原因になりえます。また、治療や発達段階などが原因になることもあります。

原因・誘因が複数あれば、看護師が部分的に介入できることもある

疾患や治療が原因の場合、原因に介入できるのは医師だけであることも多く、看護師が独自に介入できる可能性は低くなります。しかし、このような場合は看護師は絶対に介入できない、というわけではありません。例えば、「下肢に麻痺があるため運動しにくい」が原因だとしても、装具の使い方、運動に対する認識、運動についての知識、運動を妨げる他の要因(不快症状など)も同時に原因・誘因となっている場合、看護介入によって運動量を増やせるかもしれません。

「人間の反応」の原因・誘因は1つとは限らないため、介入できるものがないかどうか慎重に検討することが重要です。これについては、『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』のコラム「原因によって介入者が異なるとはどういうことか」でも解説しています。

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●「人間の反応」の分析(原因・誘因の特定を含む)について知りたい→p.95
●原因・誘因の分析の手順を知りたい→p.96
●コラム「原因によって介入者が異なるとはどういうことか」(具体例あり)→p.115
●アセスメントの視点とは何か?→p.48
●NANDA-Iの「問題焦点型看護診断」(不適切な「人間の反応」についての看護診断)→p.118

 
「Q&A一覧」へ戻る
 

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30

 

SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。
  • メディックメディア看護
    看護がみえる編集部

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

その他の書籍

OTHER BOOKS

  • 看護師向け書籍

    イメカラシリーズ

  • 看護師向け書籍

    病気がみえるシリーズ

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    レビューブック保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンクSelect必修2025

  • レビューブック表紙
    国試対策書籍

    レビューブック2025

  • 低学年向け書籍

    看護がみえるvol.5 対象の理解Ⅰ

  • 国試対策書籍

    看護師・看護学生のための講義動画

  • 国試対策書籍

    【無料】看護教員版INFORMA 2023

  • 低学年向け書籍

    なぜ?どうして?zero2023

  • 低学年向け書籍

    【WEB公開】INFORMA for Nurse 2022春夏号

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.4 看護過程の展開

  • 低学年向け書籍

    看護初年度コレダケ -生物,数学,物理,化学,ことば-

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.3 フィジカルアセスメント

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.2 臨床看護技術

  • 看護師向け書籍

    看護がみえるvol.1 基礎看護技術

  • 国試対策書籍

    看護師国家試験のためのゴロあわせ集 かんごろ

  • 看護師向け書籍

    ビジュアルノート

Q.不適切な「人間の反応」の原因・誘因として、疾患を挙げてもいいのですか?

『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』Q&A
2020.06.29

A.はい。疾患や治療、発達段階なども「人間の反応」の原因・誘因になります。

不適切な「人間の反応」の原因・誘因は、アセスメントの視点に含まれる情報だけでなく、基礎情報に存在することもよくあります。例えば「運動量が不足している」という「人間の反応」の原因は、本人の意思で変えられる生活習慣とは限りません。「心機能が低下していてあまり運動できない」「下肢に麻痺があるため運動しにくい」「精神疾患の影響で運動をする気力がない」など、様々な疾患が原因になりえます。また、治療や発達段階などが原因になることもあります。

原因・誘因が複数あれば、看護師が部分的に介入できることもある

疾患や治療が原因の場合、原因に介入できるのは医師だけであることも多く、看護師が独自に介入できる可能性は低くなります。しかし、このような場合は看護師は絶対に介入できない、というわけではありません。例えば、「下肢に麻痺があるため運動しにくい」が原因だとしても、装具の使い方、運動に対する認識、運動についての知識、運動を妨げる他の要因(不快症状など)も同時に原因・誘因となっている場合、看護介入によって運動量を増やせるかもしれません。

「人間の反応」の原因・誘因は1つとは限らないため、介入できるものがないかどうか慎重に検討することが重要です。これについては、『看護がみえるvol.4 看護過程の展開』のコラム「原因によって介入者が異なるとはどういうことか」でも解説しています。

『看護がみえるvol.4』参照ページ

●「人間の反応」の分析(原因・誘因の特定を含む)について知りたい→p.95
●原因・誘因の分析の手順を知りたい→p.96
●コラム「原因によって介入者が異なるとはどういうことか」(具体例あり)→p.115
●アセスメントの視点とは何か?→p.48
●NANDA-Iの「問題焦点型看護診断」(不適切な「人間の反応」についての看護診断)→p.118

 
「Q&A一覧」へ戻る
 

看護がみえるvol.4 看護過程の展開

第1版 B5判 380頁
定価(本体3,300円+税)
ISBN 978-4-89632-801-1
発行日 2020-06-30

 

SHARE
  • LINE・YouTube・
    Instagram
    で、
    学⽣向けにお役⽴ち情報を
    お知らせしています。
  • メディックメディア看護
    看護がみえる編集部

こちらもオススメ

RECOMMENDATIONS

その他の書籍

OTHER BOOKS

  • 看護師向け書籍

    イメカラシリーズ

  • 看護師向け書籍

    病気がみえるシリーズ

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    レビューブック保健師2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンク2025

  • New
    国試対策書籍

    クエスチョン・バンクSelect必修2025

  • レビューブック表紙
    国試対策書籍

    レビューブック2025

  • 低学年向け書籍

    看護がみえるvol.5 対象の理解Ⅰ

  • 国試対策書籍

    看護師・看護学生のための講義動画

  • 国試対策書籍

    【無料】看護教員版INFORMA 2023

  • 113_kokushitaisaku_matome
  • goukakuyoho
  • hokenshi_Footer
  • banner_kanmie3_furoku
  • kangokatei_footer
  • banner-moshi107-small2